さとり

あなたの一歩救えますように

私が作業場所にスターバックスを選ぶ理由

こんにちは、さとりです。

 

私は何か作業をするときに喫茶店に行くことが多いのですが、

スターバックスさんにお世話になることが多いです。

 

さとりはなぜ、数多あるカフェの中でスターバックスを選ぶのか。

自分の考えを整理してみました。

 

 

■ カフェにはどんな人がいる?

カフェには様々な目的で人が訪れる。

勉強、おしゃべり、仕事、読書、ぼーっとする などなど。

 

もちろん、スターバックスにも様々な目的をもつ人々が訪れる。

 

ただ、スターバックスに足繁く通って感じたことは、

スターバックスは勉強や読書をしている人が多い」ということ。

私がスターバックスを選ぶ第一の理由は、これです。

 

 

■ 求めているのは「環境」

私は、自分の作業場所に「同じようなことをしている人」を求めている。

 

だから、隣で動画を見られるとちょっとイラッとするし、

おしゃべりしているお若そうな女性のグループを見るとうるさいなあと思う。

 

逆に、英語の参考書を開いて勉強している人を見ると素敵だと思うし、

簿記や法律の勉強をしている人を見て、凄い!頑張れ!と思う。

(仕事をしている人は、たまに電話し始めるので、うるさいなと思う(笑))

 

頑張っている人を見て、ひそかに自分のエネルギーに変えている。

同じように未来に向けて頑張っている人を見るのが好きなのだ。

「おお、自分はひとりじゃない!」と感じられるのが好きなのだ。

 

だから、そういう人が多い気がする、スターバックスが好きだ。

 

 

スターバックスの「思想」が好きだ

スターバックスSDGsにものすごく力を入れている。

紙ストローもいち早く導入した。

「マグカップでもいいですか?」と積極的にお客さまに聞く。

他にも様々な取り組みをしている。

そんなの応援したくなるに決まっているじゃないか。

 

 

とかなんとか熱く語っておいて申し訳ないが、私は特別SDGsに関心があるわけではない。

ただ、ある出来事を経験してから、スターバックスへの愛がより強まったのだ。

 

-----

ある日の休日、散歩していた私は休憩したくなって、ふらりと近場のカフェに入った。

基本的にタンブラーを持ち歩いているので、いつものようにタンブラーをカウンターに出し、注文した。

そうしたら、店員さんが「え?これはなんですか?」と言わんばかりの表情で、ああ困ったな、みたいな反応をして、奥に引っ込んでしまったのだ。

 

なるほど、思想が違うのだな、と感じた。

 

その後、奥からチーフのような人がささっと現れて、

 

「えっと、タンブラーで飲まれますか」と聞いてきた。

 

タンブラーを出しておいてタンブラーで飲まない、なんてことがあるか、

と思いつつ、「はい」と答えた。するとチーフは申し訳なさそうに、

 

「お値段は変わりませんが大丈夫ですか?」と聞いてきた。

 

なるほど、「値引きがあると思っている」と思われているのだな、と感じた。

 

「大丈夫ですよ」と答えると、チーフは安堵の表情を浮かべた。

-----

 

上記は、カフェに限った話ではないが、お店や会社にはそれぞれの思い、

つまり「思想」があることを実感した例だ。

そして、例のカフェは、いきなりタンブラーを出してくる人間を、客として想定していないのだ。

 

別にそれが悪いと言いたいわけではない。

 

私は思想の違いをこの身で感じてから、

より一層スターバックスが好きになった、ただそれだけだ。

 

 

ちなみにスターバックスの店員さんは、タンブラーを出した瞬間に

「いつもタンブラーありがとうございます!」と笑顔で言ってくれます。

 

 

■ 大切にしたい「価値観」を感じる心

 

スターバックスはお洒落だ。

スターバックスなら間違いない。

映える。

フラペチーノ。

スタバでMacBookを開く俺(私)、かっこいい。

 

いろんな考え方がある。

何を求めるか、何に重きを置くかは人それぞれ違うけれど、

私は、その人(お店・会社)が「大切にしているもの」を見極めていきたい。

そうしたフィルターを通して、モノゴトを見ていきたい。

 

 

 

そう、思いました。

 

さとり

2022/10/03 お昼どき