さとり

誰かの一歩救えますように

入社直後にやっておきたい3つのこと

こんにちは、さとりです。

新しい会社に入社して、2週間弱が過ぎました。
色々と気づきがあったのと同時に、
「これをやっておくと間違いない!」と思った
3つの行動パターンがありました。

この記事では、
入社直後にやっておきたい3つの行動パターンについて
さとり自身の経験を踏まえながらご紹介したいと思います。

これから新しい会社に入社予定の方や、
入社して間もない方で、

「社内での立ち振る舞いに困っている…」
「自分なりに頑張っているけどこれで正しいのか分からない…」

と感じている方の参考になれば嬉しいです。

 

 

■ 一歩引いて周りをよく観察する

入社して間もない頃は右も左もわかりませんよね。
でも、だからこそできることがあります。

それは、周りをよ〜〜〜く観察すること です。

そうすることで、自分の立ち位置、会社の状況、
目指そうとしている方向などがわかります。
そうすると、自分がどういう行動を取ればいいかが見えます。

ちなみに、私はこんな視点で周りを観察していました。

  • 人物について
    • 社長はどんな人か
      •  人柄・距離感
        • フラットか
        • 絶対的存在か
      • 求心力
        • 確固たる自信やビジョンがあるか
        • 社員から慕われているか
      • 何をしているか
        • 中期的・長期的に達成したいと考えていることは何か

    • 役員はどんな人たちか
      • それぞれどんな役割でどんな仕事をしているのか
      • 人柄・距離感(社長と同じ)

    • 上長(上司)はどんな人か
      • 仕事へのマインド
        • どんな心持ちで仕事に励んでいるか
        • 何を重視しているか
        • 休みの日の過ごし方 
      • コミュニケーションの取り方
        • 4つのコミュニケーションスタイルのうちどれか
          ↓↓↓ 参考サイト ↓↓↓

          coach.co.jp

    • チームメンバーについて
      • コミュニケーションの取り方(上司と同じ)
      • 仕事へのマインド(上司と同じ)
      • スキル全般
        • 得意 / 不得意
        • 自分が困ったときに頼れそうな人は誰か
      • キーパーソン(事実上権限が強い人)は誰か

  • 会社全体について
    • 雰囲気
      • オープンか
      • お堅めか
    • 暗黙のルールがあるか
    • 社員が自覚している会社の課題
    • 大事にしていることがあるか
    • もしあればMVV

      prtimes.jp

まずはこれらについて一通り言語化できるようになることが
最初の一歩だと感じました。

オンラインが主流になっていて
周りの雰囲気を掴みづらいと思いますが、
勇気を出して誰かに声をかけ、そこから少しずつ慎重に
ネットワークを形成していきましょう。

人づてで誰かを紹介してもらうのもいいと思います。
いざというときに相談できる人、頼れそうな人を見つけておきましょう。

また、今社内でどんなことが起きているか、
何が問題になっているか、が分かれば、
現在それを解決する方向に進んでいるかどうかなども分かります。

価値を出すぞ!評価されるぞ!という心持ちも大事ですが、
入社直後はサバンナに1人放り出されたと思ってください。

どこに何が潜んでいるか分かりません。
基本姿勢は「慎重に慎重を重ねる」です。

まずは高い木に登り、状況を把握しましょう。

 

■ なぜ自分が採用されたのか考える

そもそも「なぜ自分が採用されたのか」を考えたことはありますか?

それは「あなたにできることを提供してほしいから」です。

当たり前では?と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、
これが地味に大事なので、いま一度考えてみてください。

人を採用するということは、ある分野において人が足りないということです。
人が足りないということは、社内で何かが不足しているということです。
それは戦力かもしれませんし、スキルや知恵かもしれません。

もしかしたら、まだ誰も気づいていないかもしれません。
すでに気づいている人もいるけど、手をつけられていない状態なのかもしれません。

不足していることが一体なんなのか、を見極めましょう。

なぜ採用されたのか

この大前提を忘れないでください。

 

■ 社内の人も「お客さま」だと思って接する

社内の人は、入社してきた新しい社員をどのように見ていると思いますか?

それは「これからちゃんと戦力になってくれるか?」です。

ちょっと厳しい視点ですが、これが本音だと思います。
それを踏まえて私は、

社内の人もお客さまだと思って接する という行動を取りました。

なぜかというと、社内の人は

この人、もしかしてお客さまに対しても
こうした態度・振る舞い・行動をとるんじゃないか?

と疑っているのです。不安なのです。
そしてこの疑いは一度始まるとなかなか晴れません。

なので、社内でもお客さまと同じように接しておくのが無難です。

具体的には、

  • 挨拶をしっかりする

  • 身だしなみに気をつける
    • オンラインでもカジュアル過ぎるのはNG
    • 生活感が出すぎているのもNG
    • 髪の毛も多少はちゃんとする

  • 常に笑顔、ネガティブな発言をしない

  • 到底受け入れられない発言でも、まずは肯定
    • 第一声に使えるフレーズ
      • なるほど〜〜
      • そうなのですね〜
      • 〇〇さんはそう思うのですね
      • ああ〜〜(もはや否定も肯定もしない)
    • その後の切り返しに使えるフレーズ
      • 私はこう考えます〜(角がたたないように)
      • こういう考え方もできませんか?
      • それは仕方ないですね〜(諦める)
      • ・・・そういえば(話題を変える)
      • なぜそう思うのですか?

  • 相手を思いやる姿勢を見せる
    • 丁寧な言葉づかい
    • 些細なことでもお礼する
    • 相手の大事な時間を奪うことを意識する
      • MTGや相談では目的を明確にしてだらだら引き伸ばさない

  • 積極的にコミュニケーションを取る
    • 自分から輪に入っていく(受け身NG)
    • 何かできることはないか?と聞いてみる
    • 得意/ 苦手なことを共有しておく(仕事がスムーズになるかも)
    • アイディアをたくさん出す(前向きな人という印象に)

  • キャッチアップに対する貪欲な姿勢を見せる

■ 【番外編】絶対にやってはいけないこと

入社して直後、絶対にやってはいけない行動があります。
それは、あからさまに否定すること です。

「前職ではこうでしたよ、そのやり方ヤバいですよ」
「え!〇〇知らない(できない)んですか?」

といった、あからさまな否定です。
こんなことを言ってしまえば、
一発で「嫌な奴」認定されて、周りから人がいなくなります。

誰でも否定されたら嫌な気持ちになりますよね。
それも、信頼関係も構築できていない人間に
いきなり否定から入られたら最悪の気持ちです。

文化も違えば歩んできた道のりも違うので、
できないことがあるのは当然ですよね。
ここで自分の凄さを自慢しても仕方がありません。

「こうすればもっと良くなりますよ」
「それはなんとかしたいですね」
「こうしてみるのはどうでしょう?」

というポジティブな返答を意識しましょう。

会社は「困りごとを一緒に解決してくれる力強い仲間」を求めています。
そこにどう貢献していけるか?という視点で周りを見渡してみましょう。

 

■ さいごに

以上、入社直後にやっておきたい3つのこと と、
絶対にやってはいけないことでした。

転職直後は1人で心細いですよね。
でも、「だからこそできること」に目を向けて、
頼れる社員になっていきましょう!

みなさんの最初の一歩を救えますように。

 

さとり

2023/01/21 お昼すぎ