さとり

誰かの一歩救えますように

【ぼやき】どうしたらもっと良くなるか

こんにちは、さとりです。

 

 

何かを熟考しているとき、

とってもとっても熟考しているはずなのに、

大したアウトプットがでないことが多いです。

 

たとえばコピーを考えているとき、

 

え?この数時間私なにしてた?

なぜこんな当たり前なことを見落として考えていた?

という結果しか出せない。

 

大抵、その瞬間は気づけず、後から気づく。なぜか。

その瞬間はなぜかそんな些細なことに気づけない。

 

 

たとえばレポートをまとめているとき、

 

私、結局、何を調べて、何が言いたかったの?

結構時間かけたよね?

というような駄レポートしかできない。

 

 

でも、

なぜつまづいたのか、

なぜ深く考えられないのか、

どこで思考が止まっていたのか。

どうしたらその先へいけるのか。

 

そういった小さな1つひとつをしっかり考えて、

自分ができなかったことから逃げないで、

真摯に真面目に向き合っていくことでしか、

成長できない。

 

 

次はどうする?

同じやり方で良さそうか、

ちょっと変えてみるのか。

順番を変えたらどうか。

半日かけていたけど、3時間で勢いよくやってみるか。

 

 

少しずつ改善して、

「あ、いいかも」

「こうすると失敗が減る」

「これが自分に合っているかも」

という瞬間を積み重ねていくことでしか成長できない。

 

…ということは、多くの機会が必要。

失敗する機会、改善した方法を試す機会。

 

 

人生は「どうしたらもっと良くできるか」

という前向きな姿勢が必要ですね。

仕事だけでなく、

遊び、恋愛、結婚、子育て、教育、病気、介護、死ぬとき。

 

どんなときも。

 

 

そう思いました。

 

 

さとり

2022/11/5 お昼どき